ヘルナイト

2019年04月14日 11:12

ヘルナイト

【原題名】HELL NIGHT
【製作】アーウィン・ヤブランス、ブルース・コーン・カーティス
【監督】トム・デ・シモーネ
【脚本】ランディ・フェルドマン
【撮影】マック・アールバーグ
【音楽】ダン・ワイマン
【出演】リンダ・ブレア、ヴィンセント・ヴァン・パタン、ピーター・バートン、ケヴィン・ブロディ、ジェニー・ニューマン、スーキー・グッドウィン
1981年/アメリカ映画/102分


【STORY】
大学の学生クラブ「アルファ・シグマ・ロー」の新歓コンパ。盛り上がる彼らは車で移動、夜中に町はずれの豪邸ガース館へやってくる。この屋敷、12年前に当主のレイモンドが障害を抱えた子供たちの行く末を案じて一家心中したという曰くつきのところ。クラブの規則では新人会員はこのガース館で一夜を明かさねばならないという決まりがあった。今年の新人はマーティら4人の男女。会長のピーターはルールを説明した後、門の入り口を施錠し引き上げていく。

やがて女性の悲鳴が聞こえてきたり、老人の幽霊が現れたりするが、これはピーターたち上級生の仕掛けたいたずら。ピーターらはガース館へ戻って来てた後、新人会員を驚かすために様様な仕掛けを準備していた。屋敷の外で新人会員を怖がらせて楽しむピーターたちだったが、背後から何者かが現れ、ピーターたちは次々に殺されてゆく。謎の殺人鬼は屋敷内にも侵入し、マーティらは本物の殺人鬼が居ることを知り、屋敷内を逃げ惑う。

【REVIEW】
80年代前半はスラッシャームービー全盛期で、この『ヘルナイト』が作られた81年も『ローズマリー』や『血のバレンタイン』『バーニング』などスラッシャーの名作が揃い踏みしており、とにかく殺人鬼が大暴れしていた素敵な時代でした。いくら人気のジャンルとはいえ、キャンプ場で若者が殺されていくだけでは所詮二番煎じで埋もれて行ってしまうので、後発作品は差別化を図ろうと、殺される場所を変えたり殺人鬼に特色を出したりとアイデアを出していくが、本作の舞台は一家心中のあった屋敷での肝試し。でもって、モノホンの殺人鬼が現れて若者を殺していくのだが、毎年新歓コンパの日にはこの肝試しが行われていたのに、何故今年だけ殺人鬼が現れたんだろう・・・!?などという野暮ったい詮索は置いといて、この設定を純粋に楽しむのがスラッシャー映画の醍醐味というもの。最後まで結局正体は明かされないが、暗闇から襲い掛かってくる不気味な殺人鬼はなかなか味があって、チェイスシーンも緊迫感があって悪くない出来栄えだ。

スラッシャームービーの見せ場の一つ(というかこれがメインだが)は殺しの場面なわけだが、本作でも女学生の首チョンパ→ベッドのシーツをめくったら生首がゴロリや、素手で首を360℃回転させて殺したり、鋭利な凶器で腹部をぶっ刺したりと、色々趣向を凝らしていて飽きさせない。また、殺人鬼が怪力で、なかなか死なないのも定番の展開で、この辺はこの手の映画を良く分かっている気がします。そして、もう一つの見せ場は、襲われるヒロインが可愛いかどうかもポイントの一つで、ここが弱いと映画の魅力も下がってしまうというもの。その点、『ヘルナイト』は『エクソシスト』の悪魔に取りつかれたリーガンの演技で全世界の度肝を抜いたリンダ・ブレアをヒロインに持ってきていて抜かりはない・・・が、『エクソシスト』の頃から比べるとかなりぽっちゃりしてしまっていて、か細いホラーヒロインを想像しているとちょっと肩透かしを食らうかも。製作陣もその辺を考慮してか、劇中でコスプレしている赤ずきんの衣装を最後まで一切脱がさず、お色気は別の女優でカバーさせている。個人的には、気にするほどのこともないと思うんだけれどもどうなんでしょうかね?惨劇の夜が明け、殺人鬼が串刺しで絶命した横を放心状態で歩いてゆくラストシーンが印象に残るスラッシャーの佳作だと思います。



ヘルナイト解説
映像特典は、「リンダ・ブレア」インタビュー、「トム・デ・シモーネ」インタビュー、俳優陣による対談など、インタビューものが実に豊富で、これら全部見ると2時間はゆうに超えています。その他にも、殺しのシーンの解説やロケ地紹介など充実した内容。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/650-a658f5fd
    この記事へのトラックバック


    最新記事