『リスペクト 80’sムービー』シリーズのブルーレイ発売が決定

2019年06月12日 18:58

合同会社是空と株式会社ポニーキャニオンが、「リスペクト 80’sムービー」と題して、『死霊のえじき』『悪魔の棲む家』『レモ/第 1の挑戦』『バカルー・バンザイの8次元ギャラクシー』『マック』『蜘蛛女のキス』『ビルとテッドの地獄旅行』『カイロの紫のバラ』『ゴシック』『ZOMBIO/死霊のしたたり』『死霊のしたたり 2』の洋画全11タイトルを、2019年9月4日より2020年3月まで、Blu-ray にて連続リリースする。

このたびリリースされるのは、いずれも1980年代(※一部1990年代作品含む)に話題を呼び、今もなおリスペクトされる名作映画ばかり。今回が初Blu-ray化となる作品のほか、初リマスター作品、また初収録特典など、洋画ファン待望の仕様で登場する。初回限定で、懐かしの「VHS テープ風アウターケース」が付属するのもうれしい。商品詳細は以下のラインナップをチェックして!

≪以上、THE RIVERより抜粋≫



雑誌『FILTHY VOL.2』の是空鈴木氏のインタビューで言われていたように、『死霊のえじき』『死霊のしたたり』『死霊のしたたり2』のブルーレイ発売が正式決定。リリース時期は年またぎになるようだが、豊富な特典や凝った装丁など、待っている間もワクワク感が止まらない凄い内容になっている模様。上記3作品以外にも、『悪魔の棲む家』や『レモ/第1の挑戦』『蜘蛛女のキス』など、個人的にツボに入っている作品もラインナップされていて、今年の秋から来年の春までは何とも言えない楽しみなシーズンになりそうです。

以下、発売日です。

『悪魔の棲む家』・・・9/4
『レモ/第1の挑戦』・・・9/4

『バカル―・バンザイの8次元ギャラクシー』・・・10/2
『マック』・・・10/2

『ビルとテッドの地獄旅行』・・・11/6
『蜘蛛女のキス』・・・11/6

『ゴシック』・・・12/4
『カイロの紫のバラ』・・・12/4

『死霊のえじき』・・・2/5

『死霊のしたたり』・・・3/4
『死霊のしたたり2』・・・3/4

1月を除いて怒涛の毎月リリース、しかも『死霊のえじき』以外は2作品ずつ。嬉しい反面、財政が追いつくのか悩ましいところではないでしょうか。個人的には、『死霊のえじき』『死霊のしたたり』『死霊のしたたり2』はマストバイ、『悪魔の棲む家』はそんときの財布事情が許せば即買い、ホラー以外では『レモ/第1の挑戦』は必須、余裕あれば『蜘蛛女のキス』あたりを・・・と考えてますが、どうなることやら。しかし、こういうのって、毎回なんだけど、ラインナップを見てどれを買おうか思案しているときが至高の楽しみ☆是空さん、気は早いですが、是非「リスペクト70’sムービー」シリーズもよろしくお願いします!!






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/654-d1069348
    この記事へのトラックバック


    最新記事