マッドマン・マーズ

2019年06月16日 19:35

マッドマン・マーズ03

【原題名】MADMAN
【製作】ゲイリー・セイルズ
【監督】ジョー・ジャノン
【脚本】ジョー・ジャノン、ゲイリー・セイルズ
【音楽】ウィリアム・メレディス
【出演】アレキサス・ダビン、ジャン・クレア、トニー・フィッシュ
1981年/アメリカ映画/89分


【STORY】
森の中でキャンプファイヤーを囲む若者たちが指導員らから怖い話を聞かされる。
「家族を皆殺しにした狂った農夫“マーズ”の名を呼ぶと、彼は姿を現して、名前を呼んだ者を血祭りに上げる」
若者の一人リッチーはふざけて“マッドマン・マーズ”の名を大声で叫んでしまう。キャンプはその後お開きとなり、皆ロッジへ帰っていくが、不審な人影を目撃したリッチーはその後を追って森の奥へ。指導員のティーピーはリッチーが居ないことに気付き、森へ捜索に行くが、突然荒縄を首に巻かれて木に吊るされて窒息死する。ティーピーも戻ってこないことを心配するガールフレンドのベティは親友のステイシーに相談、他の指導員らも森へ捜索に行くが、謎の大男に次々に殺されていく。一人残っていたベティは殺人鬼が仲間を殺していたことに気付き、子供たちを避難させ、猟銃を持って殺人鬼を追って森へ向かう。

【REVIEW】
製作されたのが81年なんで、丁度スラッシャー映画が全盛期であったころに作られた1本。森の中のキャンプ場で若者が襲われるお決まりのパターンながら、殺人鬼は田舎の農夫スタイルで登場、凶器は斧がメインながら、強制首吊りや怪力を生かした殺し方などもあり少し変わった味付け。名前を呼ぶと殺人鬼が現れるという都市伝説的な登場の仕方も悪くないが、何故殺人を重ねるのかははっきり描かれず(まあ、もともと狂っていたという設定なんで、そこはどうでもいいのかもしれないが―)、とりあえず見つけた奴は皆殺しにしていく。自分が殺した犠牲者は全員自分の家まで引きずっていき、地下室に並べてパーティー状態にしているのもよく見かける光景で、この辺はもはや定番化していたんだろう。

スラッシャー映画なんで何はともあれ“殺し”が見せ場なわけだが、殺される人数も多いし、肝心の殺しの場面もテンポ良く見せてなかなか飽きさせない。首チョンパが計2回あり、そのどちらも生首ゴロリを見せてくれるのも嬉しいし、首吊り状態の男が必死で枝に捕まって一息ついていたところを殺人鬼のおっさんがベルトを引っ張ってとどめを刺すシーンも楽しい(首の折れる音が、妙にリアル)。しかし、なんか危ないデ~という雰囲気なのに、なぜ一人ずつ探しに行くのか(たぶん、皆、殺されに行ってるようなもんだぞ!と突っ込んでいると思う)、殺人鬼の家がエライ近くにあるのに、なぜ誰もその存在に気付いていないのか、など突っ込みどころはやっぱりあるけれどもその辺はまあ気にしないということで。ちなみにヒロインのベティ役は、『ゾンビ』のゲイラン・ロスがアレキサス・ダビンの変名で出演。『ゾンビ』以外だと『クリープショー』も出演作があるが、ほとんどまともにカメラに映っていないんで、本作は貴重な存在と言えましょう。


マッドマン・マーズ02

マッドマン・マーズ01





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/656-4b3ff1d0
    この記事へのトラックバック


    最新記事