ホラー・ホスピタル

2019年08月20日 23:28

003_convert_20190814221052.jpg

【原題名】HORROR HOSPITAL
【製作】リチャード・ゴードン
【監督】アントニー・バルチ
【脚本】アントニー・バルチ、アラン・ワトソン
【撮影】デヴィッド・マクドナルド
【音楽】デ・ウォルフ
【出演】マイケル・ガフ、ロビン・アスクウィズ、デニス・プライス、ヴァネッサ・ショウ
1973年/イギリス映画/91分


【STORY】
業界内のトラブルから仕事に嫌気が差したミュージシャンのジェイスンは静養のためイギリスの片田舎へやってきた。道中列車で行き先が同じということでジュディという女性と意気投合、彼女は叔母がそのホテルで働いているらしい。2人はホテルに到着し、館内を案内されるが、どうにも怪しげな雰囲気に不審を募らせる。実はこのホテルはマッドサイエンティストが人体実験を行うために経営しており、滞在している若者たちはロボトミー手術を受け、博士の意のままに行動するようになっていた。博士の狂気の研究についていけなくなっていた叔母はジュディを連れて逃げ出そうとするが、博士に殺されてしまう。博士はジェイスンを監禁し、ジュディの手術を行おうとする。

【REVIEW】
マッドサイエンティストが片田舎のホテル(というか病院というか)で人体実験を繰り返していたというホラー映画だが、正直出来栄えはイマイチ・・・というか、かなりよろしくない。ホテルにやって来た若者を人体実験するくせに、その一部始終をご丁寧に説明して、逃げられて、で手下に捕まえさせて、連れ戻して監禁させる下り→そんな間抜けな悪党が居るのか?と取りあえず突っ込み、ロボトミー手術を受けた若者たちが「私の命令通りに動くよ~」と実演する場面では、マットの上でバク天したり、ウェイトリフティングしたり→体育の授業か?とまた突っ込み・・・。怖がらせたいのか、笑わせたいのかどちらかにしてほしいが、失笑する確率はかなり高いと思われる。とにかく緊張感が微塵も感じられないので、ホラー映画として真面目に撮った結果だとしたら、恐ろしく失敗作である。

そんな駄作と言ってもいい本作だが、劇中に出てくる博士御用達の愛車だけは見る価値がある。ホテルから逃亡した人間をこの車で追いかけ仕掛けを起動させると、車の側面から特大のナイフが飛び出し、追い抜きざまに首チョンパ!しかもご丁寧に備え付けの網で生首も同時回収できるという優れもの!!こんな子供じみたアイデアを前面に押し出してくるのも凄いが、よほど自信があったのか、計3回も首チョンパを見せてくれるサービスぶり。人間の体格差とか身長差とか全く考慮しなくても必ず首を飛ばせるのだから、凄い発明だな~と感心させられます。

002_convert_20190814221038.jpg

001_convert_20190814221019.jpg




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/674-3300d87b
    この記事へのトラックバック


    最新記事