THE HORROR MOVIES~スプラッターからSFまで、B級怪奇映画のすべて PART3

2019年10月18日 21:40

IMG_20191018_182930_convert_20191018213201.jpg

出版社:近代映画社
出版年月:1986年5月
作品解説:大久保賢一、甲斐汎、北島明弘、久保田明、さとう・れい、谷俊夫、富谷洋、水木容子、村岡三朗、森山京子
ページ数:148頁
定価:1,480円(発売当時)


【表紙】死霊のえじき
クリーチャー、バタリアン、マイドク、デッドリー・スポーン、エルム街の悪夢、ティーン・ウルフ
フェノミナ、サスぺリアPART2、地獄の貴婦人
トランス 愛の晩餐、人蛇大戦 蛇、レイザーバック、コールド・ルーム
恐怖の吸血美女、死霊の棲む館/ディメンシャ13、血の甦る時、ザ・メイキング・オブ・スペースバンパイア、パトリック
サイコマニア、グーリーズ、悪魔の棲む家PART3、聖し血の夜、サンフランシスコ連続殺人鬼、怪奇!二つの顔を持つ男
華麗なるハリウッド~SF・ホラー映画予告篇集、エンド・オブ・ザ・ワールド 死を呼ぶエイリアン脱出計画
SF ザ・ウェーブ 地球外生物からのSOS、ベル、独裁者、チカラ
X線の眼を持つ男、誰がルーおばさんを殺したか?、ミイラ再生
デビル・マスター、デッドライン、チルドレン・オブ・ザ・コーン
猟奇!!蝙蝠男、狙われた夜 血に染まる大晦日のロックパーティ、ザ・パワー 肉体を喰いつくす古代の呪い
ドリームスケープ、ウィッカーマン、スプラッターハウス 笑激の館、地獄の門、養鬼(悪魔の胎児)、ビーイング
墓場にて、蝋人形館の恐怖、血塗られた入寮式 呪われた女子大生の謎
デスハウス、陰獣の森、悪魔の封印、死霊の祝福
サンタが殺しにやってくる、黒猫の棲む館、悪魔の血族
巨大蟻の帝国、巨大ネズミの襲撃、ドクター・モローの島
真夜中の殺人パーティ/キリングアワー、ロッキー・ホラー・ショー、ショック・トリートメント、ホワイトドッグ魔犬
死霊のえじき、フロム・ザ・ダークサイド4、クリープショー
ファンゴリア ビデオマガジンVol.1/トム・サビーニ・スペシャル、ナイトメア
ジェキル博士とハイド氏、フランケンシュタインの幽霊
夜の悪魔、オペラの怪人、世紀の怪物 タランチュラの襲撃、黒死館の恐怖
絞殺魔甦る、生きていた吸血鬼、血塗られた墓標、ジキル博士の二つの顔
死霊の町、陰母神カーリ、骸骨面、太陽の怪物
45回転の殺人、恐怖、恐怖の足跡、吸血原子蜘蛛
サディスト、怪人カリガリ博士、生血を吸う女、怪談生娘吸血魔
赤い野獣、十代の陰獣、恐怖の牝獣、美女の皮をはぐ男
悲しい奴、妖婆の家、怪談呪いの霊魂、ギロチンの二人
フランケンシュタインの怒り、幽霊屋敷の蛇淫、死神の使者、残酷の人獣
白夜の陰獣、太陽の爪あと、猟奇連続殺人、私は誘拐されたい
歓びの毒牙、呪われたジェシカ、タランチュラ、悪を呼ぶ少年
ショック療法、4匹の蠅、らせん階段、暗闇にベルが鳴る
真夜中の恐怖、ヘルター・スケルター、蛇姦、ドラキュラ
ドクター・モリスの島 フィッシュマン、プロフェシー 恐怖の予言、殺しのドレス、夕暮れにベルが鳴る
恐るべき訪問者、面会時間、赤い影、妖婆 死棺の呪い
◆1986年度アボリアッツ国際ファンタスティック映画祭の全貌
◆アメリカ・ホラー映画花盛り 最新ニュース
◆ホラー映画監督たちはいまどんな映画を撮っているか
◆ヨーロッパ・ホラームービー近況レポート
◆必見!日本でTV放映されたホラー・ムービーにこんな面白いものがある
◆売れまくるホラー・ビデオを解剖・分析すると
◆面白いのはSFホラー・ムービーだ!
◆ホラー・サントラ盤はすべての映画音楽のルーツだ!!
◆“キング・オブ・ホラー”ジョージ・A・ロメロ
◆“特殊メイクの神様”トム・サビーニ
◆ホラー映画を支える特殊メイクアップ・アーティストたち
◆エンパイア・ピクチャーズとはこんな会社だ
【裏表紙】ファンゴリア ビデオマガジンVol.1/トム・サビーニ・スペシャル


1986年は2月に『バタリアン』と『クリープショー』が、5月には『死霊のえじき』と『デモンズ』が劇場公開され、ホラー映画ブームが最高潮であったと言っても過言ではなかった年。その真っ只中に発刊されたシリーズPART3は前2冊に比べて特集記事が充実。当時の最新作の事情、アボリアッツ国際ファンタスティック映画祭の歴史、ホラービデオやホラーサントラ盤の解説、さらには特殊メイクアップアーティスト(リック・ベーカー、ディック・スミス、ロブ・ボッティンなど錚々たるメンバー)の紹介など、色々な角度からホラー映画の魅力に迫っており、読み応えのある内容。もちろん、ビデオリリースされ続けていた新作やホラークラシック群の紹介も引き継がれていて、資料としても充実の1冊だった。

ただ、紹介されているビデオリリースの大半は初めて目にするタイトルも多く、ほとんどが劇場未公開の小粒な作品群であった。中にはフルチの『地獄の門』やキングの『チルドレン・オブ・ザ・コーン』、『ドリームスケープ』など名の知れたタイトルも混じってはいるが、その他は無名な作品が多かった。だが、知らない胡散臭い作品の粗筋を読み、テレビ画面のスチル写真のいかがわしさに想像を膨らませているのも楽しかったのは事実で、少ない情報源として重宝したものだった(その何年後かに実際に視聴してみて、がっかりすることは多かったが・・・)。これらの当時VHSでリリースされた作品群は今現在では見られないものも多い。当然ディスク化するにはそのコストをペイできるくらいの販売が必要だろうが、C級D級のマイナー作品ではまとまった売り上げも期待できず、DVDやブルーレイで出るのは難しいだろう。そうなってくると、マーケットの大きい海外で発売されているものを手に入れるしかなさそうだが、字幕や吹替えがないとなかなか内容が入ってこないのもちょっと辛い。でも見たいのならそれも仕方がないか。少しは英語の勉強をした方が賢明かもしれない。

IMG_20191018_182953_convert_20191018213223.jpg


IMG_20191018_183026_convert_20191018213238.jpg


IMG_20191018_183128_convert_20191018213254.jpg


IMG_20191018_183155_convert_20191018213310.jpg










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/680-c229da8f
    この記事へのトラックバック


    最新記事