近況

2019年10月08日 12:47

夏ももうじき終ろうとしてるが、昼間はまだまだ暑い(明後日から10月なのに)。年を取ってくると、暑いだけで疲労感は増してきて、それだけで何もやる気が起きなくなったり、寝込んでいたりと年寄り感が半端なくなってきている。今頃こんな感じで、この先5年後10年後はどうなっていくのか、多少心配ではあるが、未来のことを心配し過ぎてもしょうがないので、考えないことにする。


で、タイトルの近況だけれども、この夏は自宅の駐車場の改修工事があって、その下準備で土を掘ったり、砂利を運んだり、工事の立ち合いをしたりとそんなことで貴重な休みが消えて行った。工事の方も最初の打ち合わせと実際の工程が違っていたりして、問題ないのか確認の電話をして、またその返事を待って、現場の工事の人にそれを伝えてなどなど、けっこう面倒くさいことが発生して、暑い時期にそんなこんなをしていると、まあ疲れました。真夏にやるもんじゃないですね。


その他にも、職場での仕事が9月後半忙しくなってきて5連勤とか6連勤とか続いて、こちらでも消耗中。ふだんの勤務体系がだいたい3勤して休みの繰り返しが多いので、通常パターンと違うと体の調子がどうも狂ってくる。用事がないのに、連休があったりもしたけれども、ぼーっとしていたらアッという間に終わっていたし。そんな中、息抜きも必要と、この夏は旧作のDVDを掘り返して見てました。最近見ているのはスラッシャーものが多くて、9月に見たのもイタリアンジャーロ作品の『血みどろの入り江』とか『幻想殺人』とか。即物的な殺人鬼物は夏に見るのが最適!あと、70年代のころの独特の雰囲気がまた良くて、堪らない。言葉ではうまく言い表せないのだけれども、画面の色や背景・服装・車やアイテムなどどれも魅力的な感じがする。ノスタルジックな感じがいいんだろうか。新作映画もいいんだけれども、旧い年代のまだ観ていない作品を発掘してみたい今日この頃です。


IMG_20190929_120911_convert_20190929123457.jpg


あと、珍しくこの夏はテレビドラマにハマってました。日テレの『ボイス 110緊急指令室』とNHKの『これは経費で落ちません!』の2作品。前者は、犯人のサイコっぷりと殺人の描写がなかなか迫力があってよかったし、後者は出てくるキャラクターの良さがしみじみと伝わってくる良作だった。特にヒロイン役の多部未華子 が良すぎ!今では多部ちゃんロスです・・・。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://thehorrormovies.blog55.fc2.com/tb.php/682-fea0966d
    この記事へのトラックバック


    最新記事